Music Therapist Society

会員・会則

ご挨拶

NPO法人日本ミュージックセラピスト協会は、千葉県で音楽療法士として活動されている笠嶋道子氏の提唱により設立されました。現在は、東京、千葉、神奈川、埼玉の首都圏だけでなく、東北、四国、九州地方にも会員が在籍しています。

主な活動は、
①ミュージックサポーター(音楽援助者)、及びミュージックセラピスト(音楽療法士)の育成・認定、
②音楽療法や周辺領域に関する研修、技法勉強会、
③論文指導や実践発表、
④施設現場見学研修も加えたセラピストの現場実践です。

音楽は、私たちの生活に溢れています。気分を高揚させる時や落ち着かせる時、リラックスする時など私たちの日常生活の一部として存在しています。その音楽が、障害の改善や生活の質の向上などに役立ちます。私たちの活動は、音楽の持つ魔法の力を追求し、日々の生活に活用できる人材を育成しています。

「音楽療法」という言葉は、まだ世間の認知が低いと思いますが、我々の活動を通して、1人でも多くの方々に音楽療法の存在を知ってもらい、「音楽療法士になりたい」と思う人がたくさん増えるように努力していきたいと思います。

2023/01/01   谷本 直哉

総会報告

令和2年(2020)4月1日

総会議案の議決結果報告
貸借対照表

令和3年(2021)度

事業会計貸借対照表
役員名簿

令和4年度(2022)

NPO新役員一覧

会則

NPO法人日本ミュージック

セラピスト協会会則